赤ちゃん受難時代 : これ以上子供に精神的傷をおわせないために

阪井 敏郎【著】

子供は神から母親の道具に転落してしまった! 過教育時代といわれる今日、イジメ・自殺・家庭内暴力という形で噴出してきたオカシな現象の中に、想像を絶する子供の受難を見出し、今それを正さなければと憂うる社会学者からの提言。早期教育論への挑戦状である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 赤ちゃんへの手抜きの恐ろしさ
  • 「神なる赤ちゃん」から「受難の赤ちゃん」への転落
  • 赤ちゃんへのムチ教育が破壊性と自閉症をよびおこす
  • 早期才能教育と情緒障害
  • 外国語の早期教育と頭の混乱
  • 赤ちゃんは「いじくりまわし」で知能を発達させる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤ちゃん受難時代 : これ以上子供に精神的傷をおわせないために
著作者等 阪井 敏郎
書名ヨミ アカチヤンジユナンジダイ : コレイジヨウコドモニセイシンテキキズオオワセナイタメニ
出版元 赤ちゃんとママ社
刊行年月 1986.2.20
ページ数 318p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4870140128
NCID BN10107334
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想