詩人・その虚像と実像 : 父、金素雲の場合

北原 綴〔キタハラ ツズル〕【著】

[目次]

  • 韓国詩人・金素雲を父に持ち、その巨きな虚像の陰でひたすら黙してきた作者の,瞋りと哀しみの吐白…。詩神は、詩人にどこまで赦すのか? 繁みの中へ高貴な桔梗の一輪を手折りに行くのが、詩人と呼ばれる人々の大方で、踏みしだかれる雑草は、無名の人々、権威に弱い善意の人々である。たった一人の詩人が功成り名遂げてゆく過程で、いったいどれほどの人々が辛い思いをさせられてきたことか-

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩人・その虚像と実像 : 父、金素雲の場合
著作者等 北原 綴
書名ヨミ シジンソノキヨゾウトジツゾウ : チチキンソウンノバアイ
出版元 創林社
刊行年月 1986.2.20
ページ数 212p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4881650483
NCID BN09288526
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想