プラムディヤ選集  3 (人間の大地 下)

押川典昭 訳

インドネシア最高の文学。『人間の大地』は、1969年から10年間流刑地ブル島に勾留され、表現手段を奪われたプラムディヤが、同房の政治犯に日夜語って聞かせたという、途方もないスケールの4部作の第1部である。舞台は1898年から1918年にかけてのオランダ領東インドで、インドネシア民族が覚醒し、自己を確立していく長い闘いを描いた、これはいわばインドネシア近代史再構成の物語といえよう。1980年、同書が発行されると、インドネシアの人々は熱狂してこれを讃え、初版1万部が12日間で売り切れるという空前のヒットとなった。余りの衝撃力に驚いたインドネシア政府は『人間の大地』および第2部『すべての民族の子』を発禁としたが、国際的な評価は高まるばかりで、すでに英語、ドイツ語、オランダ語、マレー語、中国語に翻訳され、出版されている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラムディヤ選集
著作者等 Tur, Pramudya Ananta
押川 典昭
プラムディヤ・アナンタ・トゥール
書名ヨミ プラムディヤ センシュウ
書名別名 人間の大地
巻冊次 3 (人間の大地 下)
出版元 めこん
刊行年月 1986.1
ページ数 335p
大きさ 20cm
全国書誌番号
89012425
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想