いじめで子どもが壊れる前に

藤川大祐 著

いじめ問題最大の要因は、異質な他者を拒む日本社会の根源的な習性にある。これを排し、他者を受け入れる共同体をどうつくるか。いじめの構造から過去の教訓、予防措置、初期対応、そしてネットをはじめとする現代型いじめ対策まで。文科省や自治体で青少年の健全育成に関わる委員を歴任する著者が、学校、家庭、そして社会全体がとるべき針路を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代のいじめの状況(度を越した悲惨な実態
  • 子どもは残虐になりうる ほか)
  • 第2章 いじめとネット社会(社会的制裁としての炎上
  • 公的な制裁への不満 ほか)
  • 第3章 教訓-過去のいじめ事件から(中野富士見中事件-葬式ごっこと教師の関与
  • 山形県マット死事件-いじめか犯罪か ほか)
  • 第4章 学校はどう変わるべきか(学校と世間の常識が違いすぎている
  • 危機管理の発想 ほか)
  • 第5章 いじめ被害はなくせるのか(「撲滅」は難しい
  • 子どもを壊すいじめとは ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いじめで子どもが壊れる前に
著作者等 藤川 大祐
書名ヨミ イジメ デ コドモ ガ コワレル マエ ニ
シリーズ名 角川oneテーマ21 A-163
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2012.10
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-653416-3
NCID BB10360568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想