イギリスの大学・ニッポンの大学 : カレッジ、チュートリアル、エリート教育

苅谷剛彦 著

ワールドクラスの大学では、グローバルな問題を解決すべく、世界中から優秀な教員と学生を集め、人材育成に努めている。オックスフォード大学が、その先頭集団を走る秘訣は何か?同大で教壇に立つ元東大教授が、中世以来の伝統的教育を報告し、日本の大学が抱える課題を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに オックスフォードにあって東大にないもの
  • 第1部 大学異文化体験録(ハイ・テーブルとガウン
  • カレッジとチュートリアル
  • 授業・試験・成績評価
  • エリートを育てるということ)
  • 第2部 現代イギリス大学改革の潮流(財政難と大衆化-イギリス大学改革の背景(2010年2月執筆)
  • 学生たちが暴動を起こした理由-大学教育は誰のものか(2011年2月執筆)
  • 大衆化時代のオックスブリッジ(2011年9月執筆))
  • 第3部 日本の大学改革のゆくえ(「閉じた競争」-グローバル競争から隔絶された日本
  • ニッポンの大学に何ができるのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリスの大学・ニッポンの大学 : カレッジ、チュートリアル、エリート教育
著作者等 苅谷 剛彦
書名ヨミ イギリス ノ ダイガク ニッポン ノ ダイガク : カレッジ チュートリアル エリート キョウイク
シリーズ名 グローバル化時代の大学論 2
中公新書ラクレ 2
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.10
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150430-2
NCID BB10346578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22185683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想