叩かれる父

勝目梓 著

二十八歳の息子・隆一が、職を転々とした揚げ句に実家に戻ってきた。以来八ヵ月、ひきこもり生活を続けている。母親を階段から蹴落とした隆一に反省をうながすが…。逆上した息子に叩かれ続けても、父親はひたすら耐える。胸中では自らの半生を振り返っていた(表題作)。義母の介護、熟年離婚、愛人との再会など、さまざまな夫婦の姿を通して、人生の機微を描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叩かれる父
著作者等 勝目 梓
書名ヨミ タタカレル チチ
シリーズ名 光文社文庫 か3-58
出版元 光文社
刊行年月 2012.10
ページ数 264p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-76477-7
全国書誌番号
22158712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想