ひつまぶしとスマホは、同じ原理でできている

理央周 著

なぜ売れるのか、何が面白いのか-。すべてのヒントは名古屋にある。ひつまぶし、モーニング・サービス、大人気商店街…。名古屋名物の数々に秘められた「ヒットの法則」から学べば、ライバルに差をつけるユニーク発想の生み出し方がわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 すべてのヒントは名古屋めしにある
  • 第1章 ひつまぶしとスマホは、同じ原理でできている
  • 第2章 名古屋の喫茶店が、長居をしてほしい理由
  • 第3章 人気商店街の秘密は、嵐を見ればわかる
  • 第4章 台湾ラーメンは、何を破壊したのだろう
  • 第5章 日本そば屋は、なぜコーヒーを出さないのか
  • 第6章 ビジネスの成果は、ハンコの数と反比例する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひつまぶしとスマホは、同じ原理でできている
著作者等 理央 周
書名ヨミ ヒツマブシ ト スマホ ワ オナジ ゲンリ デ デキテ イル
シリーズ名 日経プレミアシリーズ 174
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2012.10
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-532-26174-0
NCID BB10461419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想