昭和戦前期の政党政治 : 二大政党制はなぜ挫折したのか

筒井清忠 著

男子普通選挙とともに訪れた本格的政党政治の時代は、わずか8年で終焉を迎えた。待望久しかった政党政治が瞬く間に信頼を失い、逆にそれほど信望の厚くなかった軍部が急に支持されるようになったのはなぜか。宮中やメディアといった議会外の存在、大衆社会下におけるシンボルとしての天皇、二大政党による行き過ぎた地方支配など、従来の政治史研究では見過ごされてきた歴史社会学的要因を追究する。現代日本の劇場型政治と二大政党制混迷の原型を、昭和戦前期に探る試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 護憲三派と政党政治の新生-政友会の分裂から第二次加藤高明内閣まで
  • 第2章 「劇場型政治」の開始-第一次若槻礼次郎内閣
  • 第3章 天皇・非政党勢力・メディア-田中義一内閣
  • 第4章 ロンドン軍縮会議という岐路-浜口雄幸内閣
  • 第5章 満州事変と政党政治の危機-第二次若槻内閣
  • 第6章 政党政治の終焉-犬養毅内閣

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和戦前期の政党政治 : 二大政党制はなぜ挫折したのか
著作者等 筒井 清忠
書名ヨミ ショウワ センゼンキ ノ セイトウ セイジ : ニダイ セイトウセイ ワ ナゼ ザセツ シタ ノカ
シリーズ名 ちくま新書 983
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.10
ページ数 302p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06687-9
NCID BB10368355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想