はじまりの数学

野﨑昭弘 著

どうして数学を学ばなければいけないのか。その経緯を人類史から問い直し、数学の本質を明らかにし、その面白さを体験してもらう。画期的に欲張りな数学の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数学嫌いはなぜ多い?
  • 第1部 数学とは、なにものか-数学の歴史(人類の曙
  • エジプトと数学
  • バビロニアと数学
  • ギリシャと数学
  • 現代と数学
  • 日本人と数学)
  • 第2部 数学と、どうつきあうか-数学の面白さと効用について(できたよろこび、わかるうれしさ
  • 適切な表現で「わかる」ようになる
  • 論理的に考える
  • 手を動かすのはよいこと
  • 数学はしっかり使えば役に立つ)
  • 数学者は頭がわるい

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじまりの数学
著作者等 野崎 昭弘
書名ヨミ ハジマリ ノ スウガク
書名別名 Hajimari no sugaku
シリーズ名 ちくまプリマー新書 187
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.10
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68889-7
NCID BB10409725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想