火と食

朝倉敏夫 編

[目次]

  • 第1部 火と人間(ヒトはいつから火を使いはじめたのか-人間の生活史からみた調理の起源
  • 人類の進化と火-考古学からみた調理と社会行動
  • 焼畑を科学する-焼畑で食べ物を得る知恵)
  • 第2部 火と生活(火と台所(日本と海外)-「食べる営みの場」火所の構え:世界の各食文化の道具だて構成の比較法
  • 竈の神と合火と別火-炉を囲む民俗学
  • 「火育」による次世代教育への取り組み)
  • 第3部 火と調理(火が創り出す味
  • 火と物性変化(加熱調理))
  • 総括 火と食を考える
  • 総合討論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火と食
著作者等 朝倉 敏夫
書名ヨミ ヒ ト ショク
シリーズ名 食の文化フォーラム 30
出版元 ドメス
刊行年月 2012.9
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8107-0774-8
NCID BB10439384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想