いつか見たしあわせ : 市井の幸福論

勢古浩爾 著

アラン、ショーペンハウアー、ヒルティ、ラッセル、ヘッセ、福田恆存…古今東西の賢人たちの幸福論から最先端の幸福研究までじっくり読み解いてわかった「しあわせの本質」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 しあわせはどこに?
  • 第2章 賢人たちは「幸福」をどう考えたか
  • 第3章 しあわせと思ったらしあわせ?
  • 第4章 「幸福になりたい」は可能か
  • 第5章 「良き生活」のための無数の方法
  • 第6章 祈りとしてのしあわせ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いつか見たしあわせ : 市井の幸福論
著作者等 勢古 浩爾
書名ヨミ イツカ ミタ シアワセ : シセイ ノ コウフクロン
出版元 草思社
刊行年月 2012.10
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7942-1931-2
NCID BB10787507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22160413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想