世界でいちばん楽しい会社 : 夢を追う12の起業家たち

早川和宏 著

本書で紹介する12社には、「楽しい」というコンセプトが共通している。不況の中、その楽しさを原動力にして、紆余曲折がありつつも、大きな飛躍をとげているのである。本来の企業の在り方、ビジネスの原点を考えさせる貴重なヒントに満ちた一冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1話 世界で一番楽しい会社づくりを目指す広告会社「DACグループ」(石川和則代表)
  • 第2話 目標は世界No.1EVカンパニーを掲げる「テラモーターズ」(徳重徹社長)
  • 第3話 世界初の人工太陽照明灯を開発した「セリック」(佐藤泰司会長)
  • 第4話 電子看板・広告(デジタルサイネージ)で世界のトップを行く「ピーディーシー」(菅原淳之社長)
  • 第5話 自然の持つ力、フリーエネルギー分野で最先端を行く一般財団法人「テネモス国際環境研究会」(飯島秀行理事長)
  • 第6話 わさび火災報知機でイグノーベル賞に輝いた香りのベンチャー「シームス」(漆畑直樹社長)
  • 第7話 日本型バイオ・お米の持つ無限のパワーを追求する「勇心酒造」(徳山孝社長)
  • 第8話 まずい酒こそがいい酒である(?)との持論を展開する「樋木酒造」(樋木尚一郎社長)
  • 第9話 外食からクリーンな水・地球・環境ビジネスを展開する「いちごホールディングスグループ」(宮下雅光社長)
  • 第10話 ネット通販の「豆腐取寄」人気日本一の京都・百幸豆富の「マイクロヒルソン研究所」(栫井勇一社長)
  • 第11話 郵便番号だけで届く世界一ユニークな社名の「株式会社□○(みよまる)」(福田剛会長)
  • 第12話 オフィスを茶室にした日本で一番小さな社労士事務所「河原社会保険労務士事務所」(河原孝朗所長)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界でいちばん楽しい会社 : 夢を追う12の起業家たち
著作者等 早川 和宏
書名ヨミ セカイ デ イチバン タノシイ カイシャ : ユメ オ オウ ジュウニ ノ キギョウカタチ
書名別名 Sekai de ichiban tanoshi kaisha
出版元 三和書籍
刊行年月 2012.10
ページ数 271p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86251-140-9
NCID BB10820657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想