今を生きるための「哲学的思考」 : "想定外の世界"で本質を見抜く11の講義

黒崎政男 著

哲学的思考は、普通は疑ったり、考え直したりしないような"ごく当たり前"に思えることを疑ってみるあり方です。「従来の当たり前」、「従来の常識」にとらわれたままでは、まっとうに"今"に生きていくことはできません。みなさんの身近にあるものをとりあげながら、「哲学」を使って、世の中の真実をつかむ方法を紹介しましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「哲学的に考える」とは、どういうことか(哲学とは「そもそも」という問いである
  • 「今」の私達の考え方の根本にあるもの-「我思う故に我あり」と「コペルニクス的転回」
  • 「哲学」は"今"に使えるのか
  • 「哲学的思考」で"ロボットの心"を考えてみる)
  • 第2部 「哲学的思考」を使ってみよう1 デジタル・ネットワークと私の「生き方」(デジタル・ネットワーク時代の"私"と"あなた"-バラバラな私達と「ネット監視」社会
  • "私"のいうことの終わり
  • 「オリジナル」とは何か?-文化の本質と「コピペ」の問題
  • "知っている"ことの価値の喪失-「なんでも検索!」の世界で失ったもの)
  • 第3部 「哲学的思考」を使ってみよう2 3・11以後の世界とテクノロジー-私達の絶望と新しい生き方(リスボンとフクシマ震災後、世界はどう変わったか?
  • リヴァイアサンとしてのテクノロジー-そば屋に特殊部隊の格好で行くか?「リスク社会」と「想定外」の問題
  • ニュートン的世界観からカオス的世界観へ-「天気予報」が当たらない当然の理由)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今を生きるための「哲学的思考」 : "想定外の世界"で本質を見抜く11の講義
著作者等 黒崎 政男
書名ヨミ イマ オ イキル タメ ノ テツガクテキ シコウ : ソウテイガイ ノ セカイ デ ホンシツ オ ミヌク ジュウイチ ノ コウギ
出版元 日本実業出版社
刊行年月 2012.10
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-534-05001-4
NCID BB10577344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22160405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想