弁護士が教える本当は解決できる為替デリバティブの被害

アディーレ法律事務所 著

本書は為替デリバティブの商品概要とそのリスク、商品を販売した銀行の責任や金融ADR、裁判など中小企業が受けられる救済方法までをわかりやすく解説。為替デリバティブ被害の解決に必ず役立つ一冊です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 為替デリバティブ被害の実態(どれくらいの会社が被害を受けたか
  • 為替デリバティブ被害はなぜ生じたか ほか)
  • 第2章 為替デリバティブとはどのような商品か(デリバティブとは「もとになるもの」の価格に連動するもの
  • 為替デリバティブ商品とは ほか)
  • 第3章 これだけあった為替デリバティブのリスク(「リスクヘッジ」ではなく「リスクテイク」
  • 予測が最も難しい外国為替相場 ほか)
  • 第4章 これだけある銀行の責任(なぜ為替デリバティブという商品が生まれたか
  • 「不招請勧誘禁止の原則」に掛当する ほか)
  • 第5章 為替デリバティブの被害の救済方法(金融ADRもしくは民事訴訟を選択する
  • 銀行は「損失補てん禁止の原則」を盾にとる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弁護士が教える本当は解決できる為替デリバティブの被害
著作者等 アディーレ法律事務所
書名ヨミ ベンゴシ ガ オシエル ホントウ ワ カイケツ デキル カワセ デリバティブ ノ ヒガイ
書名別名 Bengoshi ga oshieru honto wa kaiketsu dekiru kawase deribatibu no higai
出版元 あさ
刊行年月 2012.10
ページ数 183p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86063-561-9
NCID BB13432643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想