日本古代の国家と給与制

山下信一郎 著

律令国家がその支配層である皇族・貴族、官人に支給した、運営上必要不可欠な給与制はどのような機能をはたしたのか。唐の律令制を参考としつつ、独自の改変を経て成立した、古代給与制の特質と変遷を考察。給与制総体の意義、官僚制的な関心に立った歴史的解釈、給与が授受される過程の解明など、政治的な分析から国家における給与制の意義を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本古代給与制研究の回顧と展望
  • 第1部 日本古代給与制の成立と展開(律令俸禄制と賜禄儀
  • 賜禄儀の参加者をめぐって
  • 禄令1給季禄条と古代官僚制
  • 付論1 馬料の性格についての覚書
  • 付論2 唐代職事官に対する給禄基準をめぐる覚書)
  • 第2部 日本古代給与制と皇親(長屋王家木簡と食封制
  • 皇親時服料とその変遷
  • 皇親給禄の諸問題)
  • 第3部 日本古代給与制における饗宴と禄(『延喜式』からみた節会と節禄-「賜」の考察
  • 大臣大饗と親王
  • 大臣大饗管見-宮司内儀礼としての饗宴と禄)
  • 第4部 日本古代給与制の変容(平安時代の給与制と位禄
  • 古代・中世貴族の給与制変貌観)
  • まとめと課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代の国家と給与制
著作者等 山下 信一郎
書名ヨミ ニホン コダイ ノ コッカ ト キュウヨセイ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.10
ページ数 304,13p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-04601-5
NCID BB10466831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想