国際がん学会が認めた、延命効果世界一の『丹羽がん療法』

丹羽靱負 著

30年前、小学生の愛息を抗がん剤治療で凄絶死させてしまった丹羽医師が、人生のすべてを捧げて開発した「副作用のない、効果のあるがん治療」。5%の化学薬品(鎮痛剤、解熱剤、抗生物質など)と95%の副作用のない漢方的な生薬を基本にした「丹羽療法」の延命効果。がん患者が、どうやってがんと闘っていけばいいかを、現代医療の最先端の知識を基にして、抗がん剤の長所(縮小効果など)、短所(強い副作用など)からその限界までを詳しく解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私のがんに対する基本的な考え方、治療方針(全国展開しているがん・難病の丹羽療法
  • 医師の抗がん剤使用のムンテラ(説得法) ほか)
  • 第2章 抗がん剤治療の基本的な欠陥と問題点(抗がん剤第一号は第二次世界大戦中の毒ガスである
  • がんの治療効果の国際的な評価基準(RECIST)がおかしい ほか)
  • 第3章 今は亡き患者さんの家族に祈る懺悔の心(抗がん剤で死亡した患者さんに私はどうしていたか?
  • 「余命三ヶ月」の宣告を私から受けたご家族は? ほか)
  • 第4章 世界一の延命効果-丹羽療法の秘訣(医者仲間に誹謗中傷された日々
  • 丹羽療法の奇跡-世界平均延命一年以内の肝臓がんが六年以上も延命 ほか)
  • 第5章 患者さんの家族からの感謝の手紙-がん患者さんの正しい食事と日常的な注意点-(感謝の手紙
  • がん患者さんの正しい食事と日常的な注意点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際がん学会が認めた、延命効果世界一の『丹羽がん療法』
著作者等 丹羽 靱負
丹羽 靭負
書名ヨミ コクサイ ガンガッカイ ガ ミトメタ エンメイ コウカ セカイイチ ノ ニワ ガンリョウホウ
書名別名 Kokusai gangakkai ga mitometa enmei koka sekaichi no niwa ganryoho
出版元 徳間書店
刊行年月 2012.10
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-19-863497-1
全国書誌番号
22159921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想