日産その栄光と屈辱 : 消された歴史消せない過去

佐藤正明 著

熾烈な労使対立、経営トップの不協和音、怪文書、スキャンダルの捏造、社長の"詫び状"、労組幹部の裏切り…。その行き着く先が外資への身売りだった。そして復活。本書は「日産帝国衰亡史」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 誰が会社を壊したのか
  • 崩壊の前兆
  • 「一年を十月で暮らす自動車屋」
  • 幻に終わったアメリカ現地生産
  • 哀れなガラクタプロジェクトの末路
  • 竜頭蛇尾のVW提携
  • 英国進出、ダボハゼの総仕上げ
  • 暗礁に乗り上げる
  • "鉄の女"サッチャー首相来日
  • 会社は誰のものか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日産その栄光と屈辱 : 消された歴史消せない過去
著作者等 佐藤 正明
書名ヨミ ニッサン ソノ エイコウ ト クツジョク : ケサレタ レキシ ケセナイ カコ
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.10
ページ数 421p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-375690-5
NCID BB10656203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想