修験道 : その伝播と定着

宮家準 著

山岳信仰と修験道の概要をわかりやすく説明。そのうえで、吉野・熊野・伊勢・羽黒・彦山・白山・本山派・当山派・児島五流の山伏や比丘尼の唱導、観進活動を通して、各地の霊山、地方への修験の伝播と定着を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 山岳信仰と修験道(日本の山岳信仰
  • 修験道の峰入、護摩、救済儀礼 ほか)
  • 第2章 吉野の修験道と蔵王権現信仰の伝播(吉野の修験道
  • 吉野金峯山寺の修験と祈檀 ほか)
  • 第3章 熊野の修験道とその伝播(熊野本宮の修験道
  • 熊野の修験と比丘尼-本願所を中心にして ほか)
  • 第4章 伊勢の比丘尼と山伏(伊勢の比丘尼
  • 伊勢の山伏)
  • 第5章 教派修験の展開と伝播(聖護院と地方霊山
  • 当山正大先達三輪山平等寺 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 修験道 : その伝播と定着
著作者等 宮家 準
書名ヨミ シュゲンドウ : ソノ デンパ ト テイチャク
出版元 法蔵館
刊行年月 2012.10
ページ数 340p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8318-7439-9
NCID BB10383847
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22169928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想