幹細胞技術の標準化 = Induced Pluripotent Stem Cells : 再生医療への期待

堀友繁 監修 ; 田中正躬 編著

さまざまな細胞に分化する多能性と自らの複製を作る能力をあわせ持つ幹細胞をめぐる文化の違いを乗り越えた本気の挑戦と、真のイノベーション(技術革新)としての再生医療の将来展望を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 幹細胞技術の産業化-再生医療の本格化に向けて
  • 第1章 幹細胞技術の臨床基礎研究および産業化最前線
  • 第2章 幹細胞技術の標準化に向けて
  • 第3章 再生医療の知財戦略、医療経済および規制制度
  • 第4章 再生医療の本格化と将来
  • 終章 再生医療における技術標準の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幹細胞技術の標準化 = Induced Pluripotent Stem Cells : 再生医療への期待
著作者等 堀 友繁
田中 正躬
書名ヨミ カンサイボウ ギジュツ ノ ヒョウジュンカ : サイセイ イリョウ エノ キタイ
書名別名 Induced Pluripotent Stem Cells
出版元 日本規格協会
刊行年月 2012.10
ページ数 269p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-542-30191-7
NCID BB10428832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想