野に咲く花の生態図鑑

多田多恵子 著

白い葉裏を見せて「昼寝」するクズ、ミツバチと親密なレンゲソウ、虫の活動時間に合わせて花開くカタクリ、自らの死と引きかえに種子を残すマツヨイグサ…地に根を張り、自由には動けない植物たちの、あざやかで、したたかな生存戦略。ヤマボウシ、スミレ、カラスウリ、ヤドリギ…34の植物を取り上げ、その生存戦略と虫や鳥たちとの共生関係のふしぎを植物生態学者の著者がやさしく紹介した1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 春(タチツボスミレ-光の花と陰の花
  • カタクリ-眠りの森の妖精
  • オオイヌノフグリ-異国の青い瞳 ほか)
  • 2 夏(テイカカズラ-大人への階段
  • ギンリョウソウ-森の純白の精霊
  • アツモリソウ-伝説を背負う花 ほか)
  • 3 秋(ツリフネソウ-渓流の小舟
  • ウメバチソウ-姫君の秘め事
  • クズ-植物界のダースベイダー ほか)
  • 4 冬〜早春(ジャノヒゲ-葉陰の宝石
  • ガマ-風に舞う綿アメ
  • ヤドリギ-樹上のパラサイト ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野に咲く花の生態図鑑
著作者等 多田 多恵子
書名ヨミ ノ ニ サク ハナ ノ セイタイ ズカン
書名別名 No ni saku hana no seitai zukan
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.10
ページ数 159p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-309-25270-4
NCID BB10541835
BB17636179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想