風をつかまえたウィリアム

ウィリアム・カムクワンバ, ブライアン・ミーラー 文 ; エリザベス・ズーノン 絵 ; さくまゆみこ 訳

アフリカのもっとも貧しい国のひとつマラウィでは、2001年、雨が降らず主要な農産物であるトウモロコシが育たなかった。農村にくらす14歳の少年ウィリアム・カムクワンバは家にお金がなくなったので、学校をやめなくてはならなかった。ウィリアムは、近くの図書館で科学の本に出会い、英文を一つずつ読み解いて内容が理解できたとき、自分で風車をつくろうと決心した。そして、ゴミ捨て場から拾ってきたものをつなぎ合わせて、きちんと動く風車をつくりあげた。そのおかげで自分の家に明かりがつくようになり、後には風車で水をくみあげることができるようになった。このことがラジオやインターネットで報道され、評判になると、ウィリアムは学校にもどれることになり、さらにアメリカの大学で学ぶことになった。いまは、再生可能エネルギーをつかって、村のために発電やかんがい装置をつくろうと計画している。何かを実現したいと思ったら、まず始めること、そして決してあきらめないこと…それがウィリアムの信念だ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風をつかまえたウィリアム
著作者等 Kamkwamba, William
Mealer, Bryan
Zunon, Elizabeth
さくま ゆみこ
ズーノン エリザベス
ミーラー ブライアン
カムクワンバ ウィリアム
書名ヨミ カゼ オ ツカマエタ ウィリアム
書名別名 THE BOY WHO HARNESSED THE WIND
出版元 さ・え・ら書房
刊行年月 2012.10
ページ数 1冊(ページ付なし)
大きさ 29cm
ISBN 978-4-378-04134-6
NCID BB10988280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想