英国女性宣教師メアリー・H・コンウォール・リー : ラブロマンス作家からハンセン病者救済活動家へ

青山静子 著

流行作家・英国国教会の宣教師はなぜ「極東」の地・日本で20年に亘りハンセン病者救済に貢献したのか?謎が今、解き明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子ども時代から三〇歳まで(1857〜1886)
  • 2 女流作家としての二〇年間(1887〜1907)(引っ越しと旅行
  • 三〇歳代の作品 ほか)
  • 3 兄・ネヴィル・エドモンド(1854〜1902)(英国海軍時代
  • ネヴィル・エドモンドの退役、逮捕、裁判、そして、収監 ほか)
  • 4 宣教師として日本へ(1907〜1915)(兄の死と母の死
  • 外国伝道への強い関心 ほか)
  • 5 湯之沢でのハンセン病者救済活動・明石での昇天(1916〜1941)(聖バルナバ・ミッション
  • 1期 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国女性宣教師メアリー・H・コンウォール・リー : ラブロマンス作家からハンセン病者救済活動家へ
著作者等 青山 静子
書名ヨミ エイコク ジョセイ センキョウシ メアリー エイチ コンウォール リー : ラブ ロマンス サッカ カラ ハンセンビョウシャ キュウサイ カツドウカ エ
書名別名 Eikoku josei senkyoshi meari eichi kon'uoru ri
出版元 ドメス
刊行年月 2012.10
ページ数 265,7p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8107-0773-1
NCID BB10607467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159260
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想