徳川の夫人たち  下

吉屋信子 著

家光の寵愛を一身に受ける、お万の方。しかし、その胸の内には公卿出身で徳川家に仕える鷹司信平への恋心が芽生えていた。許されぬ恋に苦しみ、世継ぎの母になることを強いる大奥の枷から逃れるため、彼女はある決断を下す。家光の没後、家綱にまで仕えた麗人の一代記。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川の夫人たち
著作者等 吉屋 信子
書名ヨミ トクガワ ノ フジンタチ
書名別名 Tokugawa no fujintachi
シリーズ名 朝日文庫 よ1-14
巻冊次
出版元 朝日新聞
刊行年月 2012.10
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-02-264682-8
NCID BB11002359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159590
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想