広島・長崎から : 戦後民主主義を生きる : 往復書簡

関千枝子, 狩野美智子 著

広島と長崎で被爆した、80歳と83歳の女性。世代を継ぐために、いま、聞いておきたい。女性による時代の証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 被爆と差別
  • 敗戦による解放
  • 悔いと心の痛み
  • これまでのこと
  • 東京の私立校から広島の県立校へ
  • 被爆のこと
  • 八・六から敗戦まで
  • 戦中戦後、思い出すこと
  • めくるめく秋
  • 民主主義と文化〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広島・長崎から : 戦後民主主義を生きる : 往復書簡
著作者等 狩野 美智子
関 千枝子
書名ヨミ ヒロシマ ナガサキ カラ : センゴ ミンシュ シュギ オ イキル : オウフク ショカン
書名別名 Hiroshima nagasaki kara
出版元 彩流社
刊行年月 2012.10
ページ数 381p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-1817-3
NCID BB10355808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想