統計科学の基礎 = An Introduction to Statistical Science : データと確率の結びつきがよくわかる数理

白石高章 著

確率の基礎を出発点に、微積分や行列の知識を補いながら、ノンパラメトリック法やポアソンモデルの解析までを扱う。身近なデータや演習問題から、円滑に理解できるよう配慮。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 データの要約と記述
  • 第2章 確率の概念
  • 第3章 基本分布
  • 第4章 統計的推測論
  • 第5章 1標本連続モデルの推測
  • 第6章 2標本連続モデルの推測
  • 第7章 比率モデルの推測
  • 第8章 ポアソンモデルの推測
  • 第9章 尤度による推測法の導き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計科学の基礎 = An Introduction to Statistical Science : データと確率の結びつきがよくわかる数理
著作者等 白石 高章
書名ヨミ トウケイ カガク ノ キソ : データ ト カクリツ ノ ムスビツキ ガ ヨク ワカル スウリ
書名別名 An Introduction to Statistical Science
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.10
ページ数 272p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-78700-1
NCID BB10441772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想