王国の花嫁

ジュリアン・マクリーン 著 ; 佐竹史子 訳

1814年、ロンドン。社交界は渡英したペテルスブルグ王国の皇太子ランドルフが舞踏会で花嫁探しをするという話題で持ちきりだった。当然ながら舞踏会には見初められようと多くの貴族令嬢たちが出席し、美しい公爵令嬢アレクサンドラもそのひとりだ。その夜、アレクサンドラは望みどおり皇太子にダンスを申し込まれたが、想いは複雑だった。なぜなら、バルコニーで出逢った皇太子の弟ニコラスが気になってしかたがなかったから…。しかし彼女にはどうしても皇太子と結婚しなくてはならない理由があった。実はアレクサンドラはクーデターで王座を追われたペテルスブルグ前国王の娘で、ふたたび王国に戻ることは彼女と、その育ての親の悲願だったのだ。初恋と宿命、アレクサンドラが選んだのは-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王国の花嫁
著作者等 MacLean, Julianne
佐竹 史子
マクリーン ジュリアン
書名ヨミ オウコク ノ ハナヨメ
書名別名 BE MY PRINCE

Okoku no hanayome
シリーズ名 ラズベリーブックス マ7-1
出版元 竹書房
刊行年月 2012.10
ページ数 415p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8124-9114-0
全国書誌番号
22140735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想