手のひら、ひらひら : 江戸吉原七色彩

志川節子 著

江戸吉原には、娘を花魁へと染めかえる裏稼業があった。その名も「上ゲ屋」「保チ屋」「目付」。うぶな時分に閨房の技を仕込み、年季半ばで活を入れ直し、常に女心を探り、間夫を絶つ。これら男衆と磨きぬかれた妓達が織りなす人生絵図を陰翳豊かに描く、連作七編。秘められし真心が静かに胸をうつ、傑作時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手のひら、ひらひら : 江戸吉原七色彩
著作者等 志川 節子
書名ヨミ テノヒラ ヒラヒラ : エド ヨシワラ ナナイロモヨウ
書名別名 Tenohira hirahira
シリーズ名 文春文庫 し53-1
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.10
ページ数 363p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-783818-8
NCID BB10563805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想