死ぬのによい日だ

日本エッセイスト・クラブ【編】

歴史の深淵、食の不思議、そして人生の哀歓を描く55の名篇を収録。短文の達人たちによる言葉の饗宴。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夫たちの怖い秘密(江戸言葉(出久根達郎)
  • 親鸞を書くということ(五木寛之)
  • ほとびる(平松洋子) ほか)
  • ペットの扶養控除(祖母とわたし(三浦しをん)
  • 鎮魂歌(木村泰司)
  • オウムの物まね、犬のおしゃべり(岡ノ谷一夫) ほか)
  • 死ぬのによい日だ(ぼくの大切な友だち(山田太一)
  • 小林秀雄先生と勲章(吉井長三)
  • 山高きが故に…(浜本淳二) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死ぬのによい日だ
著作者等 日本エッセイストクラブ
書名ヨミ シヌ ノニ ヨイ ヒ ダ
シリーズ名 ベスト・エッセイ集 / 日本エッセイスト・クラブ 編 '09年版
文春文庫 '09年版
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.10
ページ数 281p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-743427-4
NCID BB10570050
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158435
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
"好きなもの"三つ? 志村史夫
「大丈夫」について考える 矢吹清人
あき姉さんの戦後 吉川愛
おばあちゃんの会 中島誠之助
ことばに命を吹きこむ 久米明
ひげ 有馬哲史
ほとびる 平松洋子
ぼくの大切な友だち 山田太一
オウムの物まね、犬のおしゃべり 岡ノ谷一夫
ケータイ 森充子
ゴム手袋とラブロマンス 笠原浩
サイデンステッカーと『源氏物語』の自然観 ハルオ・シラネ
シュリーマンと日本 但木敬一
タイトルは難しい 沼野充義
バシャンとチャポン 坪内稔典
プーさんの鼻のララバイ 俵万智
ペットの扶養控除 大津秀夫
中栗 真鍋笑子
九十五歳の歌 石田多絵子
内緒の話 熊澤依子
匂いあれこれ 富岡幸一郎
千代女と芭蕉 安嶋彌
名前に思いを馳せて 糸見偲
増穂の小貝 近藤健
夫たちの怖い秘密 中野京子
妻との修復 嵐山光三郎
小林秀雄先生と勲章 吉井長三
山高きが故に… 浜本淳二
川柳に親しむ 加藤哲美
平成版聖なる結婚 原田ひ香
忘れ得ぬ福山空襲 松本悦子
悪妻盆に帰らず 森真紀
政子夫人 大西峰子
明智光秀の妻 井上慶雪
明治天皇を食べようか 楊逸
本間中将の初恋 谷口真弓
死ぬのによい日だ 丸元康生
気難しい恋人との付き合い方 マーク・ピーターセン
江戸言葉 出久根達郎
祖母とわたし 三浦しをん
落椿 富岡恵子
落語は駄洒落から始まる? 小佐田定雄
表紙デビュー 清原亜希
親父の小言 山藤章二
親鸞を書くということ 五木寛之
身についた音 青木奈緒
転ぶ老女 十勝花子
逢坂と枕草子と男女の仲 酒井順子
道産子はのどかでゆるい 久田恵
鎮海の桜 加賀乙彦
鎮魂歌 木村泰司
長寿より長精? 黒田勝弘
離島甲子園 村田兆治
静かに深く心にしみこむ、夫婦の絆 児玉清
食を以って天と為す 平井健一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想