十津川警部猫と死体はタンゴ鉄道に乗って

西村京太郎 著

東京・谷中にある「カフェ猫」の主人が子猫とともに焼死体で見つかった。事件直前にウエイトレスの野中弥生が「大江山 いく野の道の遠ければ まだふみもみず天の橋立」の歌を残して失踪したことが判明。警視庁・西本刑事は、歌に詠まれた丹後に赴くが、聞き込み相手は一様に口が重い。隠された過去に何が?そして東京で新たな殺人が発生!次なる殺害阻止へ、十津川も丹後へ向かう。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十津川警部猫と死体はタンゴ鉄道に乗って
著作者等 西村 京太郎
書名ヨミ トツガワ ケイブ ネコ ト シタイ ワ タンゴ テツドウ ニ ノッテ
書名別名 Totsugawa keibu neko to shitai wa tango tetsudo ni notte
シリーズ名 講談社ノベルス ニB-60
出版元 講談社
刊行年月 2012.10
ページ数 174p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-182851-3
NCID BB1123384X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22157865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想