キツネが気どった。カエルが笑った。 : 那須高原のとぼけた生きものたち

西寺桂子 著

[目次]

  • 花壇に親分が隠れた
  • 母猫の力量を見た
  • ナナフシのとぼけ具合
  • ジャックが登って行った豆の木のような
  • 森家の広い庭で野バラのリースを作る
  • スズメバチに軒を取られた
  • イソップはアリを褒めるけれど
  • キツネが気どった
  • クマザサの陰でカタクリの花が咲いた
  • アザミは苦くて、その上したたかであった〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キツネが気どった。カエルが笑った。 : 那須高原のとぼけた生きものたち
著作者等 西寺 桂子
書名ヨミ キツネ ガ キドッタ カエル ガ ワラッタ : ナス コウゲン ノ トボケタ イキモノタチ
出版元 星雲社
牧歌舎
刊行年月 2012.10
ページ数 158p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-16965-6
NCID BB11920792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22160254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想