フランス恋愛文学をたのしむ = Goûter la littérature amoureuse française : その誕生から現在まで

東浦弘樹 著

いつの時代も恋に生きる人たちがいた。苦しみ傷つきながらも誰かを愛し続ける「おろかしくもいとおしい」人間を文学は抱擁してきた。『トリスタンとイズー』から古典悲劇、ファム・ファタル小説、そして現代小説『人生は短く、欲望は果てなし』まで、フランス恋愛文学珠玉の20篇を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 恋愛は十二世紀の発明?-『トリスタンとイズー』
  • 恋と義務とをはかりにかけて-コルネイユ『ル・シッド』、ラシーヌ『アンドロマック』、ラファイエット夫人『クレーヴの奥方』
  • ファム・ファタルのつくり方-アベ・プレヴォー『マノン・レスコー』
  • マノンの後継者たち(フランス篇)-メリメ『カルメン』、ゾラ『ナナ』
  • マノンの後継者たち(日本・アメリカ篇)-谷崎潤一郎『痴人の愛』、フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』
  • プレイボーイとプレイガール-ラクロ『危険な関係』
  • 恋愛と野心-スタンダール『赤と黒』、バルザック『ゴリオ爺さん』
  • プラトニックな不倫?-バルザック『谷間の百合』、フロベール『感情教育』、ラディゲ『ドルジェル伯の舞踏会』
  • さわやかな恋愛小説?-サンド『愛の妖精』、ネルヴァル『シルヴィー』
  • 恋に恋する女たち-フロベール『ボヴァリー夫人』
  • 恋愛と嫉妬-ブルースと『失われた時を求めて』より「スワンの恋」
  • 愛があるなら年の差なんて-コレット『シェリ』
  • 負け組のラブストーリー?-ウェルベック『素粒子』
  • 二十一世紀のマノン・レスコー?-ラベイル『人生は短く、欲望は果てなし』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス恋愛文学をたのしむ = Goûter la littérature amoureuse française : その誕生から現在まで
著作者等 東浦 弘樹
書名ヨミ フランス レンアイ ブンガク オ タノシム : ソノ タンジョウ カラ ゲンザイ マデ
書名別名 Goûter la littérature amoureuse française
出版元 世界思想社
刊行年月 2012.10
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1569-6
NCID BB10540275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22181979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想