生きのびるための犯罪(みち)

上岡陽江, ダルク女性ハウス 著

どこかでひっそり、でもきっと、強く生きのびているあなたへ。薬物・アルコール依存の女性たちが、こどものころから失いつづけたものはなんなのか。この社会で生きのびるために、奪われつづけたものは、なんなのか。そしてすべてのあたしたちに、いま、ほんとうに必要なものは、なんだろう。中学生以上すべての人。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「生きのびるための犯罪」とは
  • 1 あたしたちのこと(ある日のミーティング
  • 仲間たちの話)
  • 2 あたしたちに必要なこと("人権(仮)"は、ついたり消えたりする
  • もしも、お母さんが「死にたい」と言ったら)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きのびるための犯罪(みち)
著作者等 ダルク女性ハウス
上岡 陽江
書名ヨミ イキノビル タメ ノ ミチ
書名別名 生きのびるための犯罪

Ikinobiru tame no michi
シリーズ名 よりみちパン!セ P052
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2012.10
ページ数 187p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7816-9053-7
NCID BB10424569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22148233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想