あらかい健康キャンプ村 : 日本初、化学物質・電磁波過敏症避難施設の誕生

古庄弘枝 著

化学物質や電磁波に反応して、広範囲の臓器に不具合を生じる化学物質・電磁波過敏症の人々が暮らす「あらかい健康キャンプ村」は、日本で唯一、行政が支援する環境病発症者のための避難場所である。あらかい村村民たちの壮絶な闘病、あらかい村での療養の日々、運営側、それぞれに密着したノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本初の環境村(日本初「町営」の転地療養施設
  • 「南会津町あらかい健康キャンプ村条例」を制定 ほか)
  • 第2章 「あらかい健康キャンプ村」の「村民」たち(善意に支えられ「雪中のテント生活」を乗り切る・久田樹里さん
  • 携帯電話基地局徹去に奮闘した「村民第一号」・橋本知子さん ほか)
  • 第3章 「あらかい健康キャンプ村誕生」物語(すぐれたアイデアが社会を変える
  • 家業を継がず会社を興す ほか)
  • 第4章 「あらかい健康キャンプ村」の「仲間」たち(セルフヘルプグループ「和の会」を主催・猿渡温美さん
  • 化学物質・電磁波に敏感な子どもを保育できる保育室・石川七海さん ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あらかい健康キャンプ村 : 日本初、化学物質・電磁波過敏症避難施設の誕生
著作者等 古庄 弘枝
書名ヨミ アラカイ ケンコウ キャンプムラ : ニホンハツ カガク ブッシツ デンジハ カビンショウ ヒナン シセツ ノ タンジョウ
書名別名 Arakai kenko kyanpumura
出版元 新水社
刊行年月 2012.10
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88385-151-5
NCID BB10786617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22196043
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想