赤松氏五代 : 弓矢取って無双の勇士あり

渡邊大門 著

赤松氏中興の祖・円心(一二七七〜一三五〇)、南北朝動乱に直面した則祐(一三一一〜七二)、三カ国守護となった義則(一三五八〜一四二七)、嘉吉の乱を起こした満祐(一三七三〜一四四一)、赤松家を再興した政則(一四五五〜九六)。南北朝、室町、戦国という激動する世にあって、波瀾に富んだ赤松氏五代を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 赤松氏の出自と中興の祖円心
  • 第2章 南北朝の争乱と範資・則祐
  • 第3章 三カ国守護・義則
  • 第4章 応永三十四年の赤松満祐播磨下国事件
  • 第5章 嘉吉の乱と赤松氏の滅亡
  • 第6章 赤松氏の再興過程
  • 第7章 赤松氏の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤松氏五代 : 弓矢取って無双の勇士あり
著作者等 渡邊 大門
書名ヨミ アカマツシ ゴダイ : ユミヤ トッテ ムソウ ノ ユウシ アリ
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.10
ページ数 21,344,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-06475-5
NCID BB10368661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想