新本格ミステリの話をしよう

佳多山大地 著

『十角館の殺人』の発売から25年。綾辻行人から円居挽まで、新本格を創成した25人の作品を一挙解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 綾辻行人-吹雪の山荘はいかに改装されたか?
  • 歌野晶午『世界の終わり、あるいは始まり』
  • 法月綸太郎『ノーカット版 密閉教室』
  • 有栖川有栖『マレー鉄道の謎』
  • 我孫子武丸『腐蝕の街』
  • "新本格の長子"の証言 綾辻行人インタビュー
  • 鮎川哲也『りら荘事件』
  • 連城三紀彦『夏の最後の薔薇』・『白光』
  • 笠井潔-天使の痂
  • 島田荘司『ネジ式ザゼツキー』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新本格ミステリの話をしよう
著作者等 佳多山 大地
書名ヨミ シンホンカク ミステリ ノ ハナシ オ シヨウ
出版元 講談社
刊行年月 2012.10
ページ数 293p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-217946-1
NCID BB10705309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22157521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想