グループ経営の法的研究 : 構造と課題の考察

河合正二 著

[目次]

  • 第1章 子会社管理における親会社取締役の義務と責任(グループ経営が普及するようになった背景
  • グループ経営の種類とその活用事例 ほか)
  • 第2章 グループ経営における内部統制システムの構築と運用(会社法に規定された内部統制システムの内容
  • 会社法上の内部統制システムと他の内部統制概念との関係 ほか)
  • 第3章 グループ経営における経営指揮と責任(企業集団における機関構成員の義務の方向性
  • グループ企業の経営責任を検討するうえでの基本的考え方)
  • 第4章 グループ経営における監査役監査(法改正にみる監査役制度強化の歴史と現実との乖離
  • 取締役の経営行為の公正を確保するために監査役制度に求められる「あるべき姿」 ほか)
  • 第5章 グループ経営における責任追及のあり方(会社法における取締役の責任の構造
  • 会社法における取締役の契約責任 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グループ経営の法的研究 : 構造と課題の考察
著作者等 河合 正二
書名ヨミ グループ ケイエイ ノ ホウテキ ケンキュウ : コウゾウ ト カダイ ノ コウサツ
出版元 法律文化社
刊行年月 2012.10
ページ数 189p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03458-8
NCID BB10403128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想