船体構造  強度編

藤久保昌彦, 吉川孝男, 深沢塔一, 大沢直樹, 後藤浩二 著

技術者、船舶工学を学ぶ学生諸君が基礎として学んでおくべき船体構造と強度評価に関わる基本的事項をまとめたテキスト。船体構造「構造編」に続く「強度編」では、強度評価において必要となる、荷重および構造応答の統計的予測法について解説、次に各種構造強度の性質と強度評価法について解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海象と設計荷重
  • 第2章 梁柱の塑性強度
  • 第3章 梁柱の座屈強度
  • 第4章 平板構造の曲げ強度
  • 第5章 平板構造の座屈強度
  • 第6章 船体梁の縦曲げ最終強度
  • 第7章 疲労強度
  • 第8章 破壊力学概論
  • 第9章 破面観察(フラクトグラフィ)
  • 第10章 造船用鋼材

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 船体構造
著作者等 修理 英幸
吉川 孝男
大沢 直樹
日本船舶海洋工学会能力開発センター教科書編纂委員会
深沢 塔一
渋江 唯司
荒井 誠
藤久保 昌彦
遠山 泰美
鈴木 英之
後藤 浩二
日本船舶海洋工学会
大沢 直樹
書名ヨミ センタイ コウゾウ
シリーズ名 船舶海洋工学シリーズ / 日本船舶海洋工学会能力開発センター教科書編纂委員会 監修 7
巻冊次 強度編
出版元 成山堂書店
刊行年月 2012.10
ページ数 228p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-425-71491-9
NCID BB08707844
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22167856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想