「日中国交回復」日記 : 外交部の「特派員」が見た日本

王泰平 著 ; 福岡愛子 監訳

まだ日中に国交のなかった1969年、記者として来日したひとりの中国人がいた。国交回復交渉の糸口をさぐるため、中国外交部の特殊使命を受けた外交官/記者、王泰平。彼が残した70〜73年の東京滞在日記を本邦初公開。田中角栄、周恩来をはじめとする要人たちの思惑から、当時の日本社会の諸相まで、"国交回復の舞台裏"を見つづけた男による日中交渉の一級資料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 はじめての日本-1970年1月〜1970年9月
  • 第2部 中国承認の「なだれ現象」-1970年10月〜1970年12月
  • 第3部 周恩来外交の本領-1971年1月〜1971年9月
  • 第4部 中国、国連復帰-1971年10月〜1971年12月
  • 第5部 ニクソン訪中-1972年1月〜1972年6月
  • 第6部 田中内閣成立・日中国交回復-1972年7月〜1972年12月
  • 第7部 日中国交回復後はじめての新年とその後-1973年1月〜1978年4月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「日中国交回復」日記 : 外交部の「特派員」が見た日本
著作者等 王 泰平
福岡 愛子
書名ヨミ ニッチュウ コッコウ カイフク ニッキ : ガイコウブ ノ トクハイン ガ ミタ ニホン
出版元 勉誠
刊行年月 2012.9
ページ数 687,12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-585-22044-2
NCID BB10442254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22162972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想