ウォルパート発生生物学

ルイス・ウォルパート, シェリル・ティックル 著 ; 武田洋幸, 田村宏治 監訳

[目次]

  • 発生生物学の歴史と基本概念
  • ショウジョウバエのボディプランの発生
  • 脊椎動物の発生1:生活環と実験発生学的解析
  • 脊椎動物の発生2:体軸と胚葉
  • 脊椎動物の発生3:初期神経系と体節のパターン形成
  • 線虫、ウニ、ホヤの発生
  • 植物の発生
  • 形態形成:初期胚における形態変化
  • 生殖細胞、受精、性決定
  • 細胞分化と幹細胞
  • 器官形成
  • 神経系の発生
  • 成長と後胚発生
  • 再生
  • 進化と発生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウォルパート発生生物学
著作者等 Jessell, Thomas M
Lawrence, Peter A.
Meyerowitz, Elliot, M.
Robertson, E. J.
Smith, Jim
Tickle, Cheryll
Wolpert, L.
Wolpert, Lewis
武田 洋幸
田村 宏治
ティックル シェリル
ウォルパート ルイス
書名ヨミ ウォルパート ハッセイ セイブツガク
書名別名 Principles of Development
出版元 メディカル・サイエンス・インターナショナル
刊行年月 2012.9
ページ数 660p
大きさ 28cm
ISBN 978-4-89592-716-1
NCID BB10291126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22160456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想