腹膜透析ハンドブック = Handbook of Peritoneal Dialysis : TOTAL RENAL CARE

石橋由孝, 衣笠哲史, 田中基嗣, 塚本真貴 編著

腹膜透析は、拘束時間が短くQOLが非常に高いこと、残腎機能の保持に優れることなど多くのメリットを有する優れた腎代替療法である。本書では、その考え方から関連する手術手技、患者教育の手法に到るまで、東大病院を中心とするスタッフが培った腹膜透析医療の実践的ノウハウが惜しみなく開陳されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論-腎代替療法を柔軟に使い分ける
  • PDの原理
  • PDの適応と禁忌
  • 至適透析の考え方
  • 残存腎機能とPDファースト・インクリメンタルPD
  • PD+HD併用療法
  • PD処方
  • PD透析液の種類
  • 腹膜平衡試験(PET)
  • PD透析液の生体適合性〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腹膜透析ハンドブック = Handbook of Peritoneal Dialysis : TOTAL RENAL CARE
著作者等 田中 基嗣
石橋 由孝
衣笠 哲史
塚本 真貴
書名ヨミ フクマク トウセキ ハンドブック : トータル リーナル ケア
書名別名 Handbook of Peritoneal Dialysis
出版元 中外医学社
刊行年月 2012.9
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-498-12490-5
NCID BB10326592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22159909
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想