所有権留保の法理

田村耕一 著

非典型担保である所有権留保について、実態を重視しつつ、基礎理論の観点から法的に検討。近代法における歴史的展開や実体法と手続法の関係を、ドイツ・日本の比較法的視野から総合的に分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 所有権留保の史的展開(BGB制定以前
  • BGB制定過程
  • BGB制定以降)
  • 第2編 実体法と手続法における所有権留保(実体法に基づく当事者の権利
  • 手続法における当事者の権利
  • 債務法改正による実体法及び倒産法への影響)
  • 第3編 わが国の展開と担保構造(わが国における史的展開
  • 学説の展開
  • 判例の展開)
  • 総括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 所有権留保の法理
著作者等 田村 耕一
書名ヨミ ショユウケン リュウホ ノ ホウリ
シリーズ名 民法 62
学術選書 62
出版元 信山社
刊行年月 2012.9
ページ数 349,4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5862-2
NCID BB10315428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22210104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想