妃殿下の研究

八幡和郎 著

雅子さまだけが「お気の毒」なのか?たとえば妃殿下は離婚できるのか?皇室の未来は、日本の未来。皇位継承問題のカギを握る、華やかなプリンセスたちの真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 雅子さまはお気の毒なのか?
  • 第2章 謎を解く鍵は小和田家にあり
  • 第3章 愛子さまは女帝にはなれないの?
  • 第4章 こうしたら妃殿下になれる
  • 第5章 プリンセスというお仕事
  • 第6章 皇室の品格をつくった女性たち
  • 第7章 ヨーロッパの王室はスキャンダルだらけ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妃殿下の研究
著作者等 八幡 和郎
書名ヨミ ヒデンカ ノ ケンキュウ
書名別名 Hidenka no kenkyu
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.9
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-02252-2
NCID BB10593464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想