気がつけば宝の山

﨑井ふみ 著

つらい人生を嘆くより、強く生きる-莫大な借金、夫の無理解、家族に襲い掛かる難病…。たび重なる不幸のなかにあっても決してめげず、激動の人生を気丈に生き抜いた「私」の半生。読み終わる頃には、きっとあなたも、かけがえのない「宝の山」に気がつけているはず。「本当の幸せ」は、ここにありました。…表題作のほか短編「尋声寺夕景」、人生の折々に綴った「つれづれ短歌」も掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 気がつけば宝の山(子供時代
  • 中学時代
  • 高校時代
  • 看護学生のころ
  • 結婚 ほか)
  • 尋声寺夕景
  • 短歌つれづれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気がつけば宝の山
著作者等 﨑井 ふみ
崎井 ふみ
書名ヨミ キ ガ ツケバ タカラ ノ ヤマ
出版元 文芸社
刊行年月 2012.10
ページ数 114p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-286-12752-1
全国書誌番号
22153283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想