てのひらの記憶

水生大海 著

江戸時代から続く質屋・結城屋で祖母と二人暮しの円は、少しおせっかい屋の美術学部の女子大生。結城屋の女性は代々不思議な力を持っており、円にも物に刻まれた記憶(メモリ)を感じることができる能力があった。ある日、質草から不穏な記憶を感じ取った円は、その持ち主の女性の住所へ駆けつけるが、その隣には大学の同級生、深見が住んでいて…。真珠のネックレスに残された母から娘への愛情。サイン色紙に込められた少年からのSOS…。「記憶」が語る事件の真相とは!?-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 てのひらの記憶
著作者等 水生 大海
書名ヨミ テノヒラ ノ キオク
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.10
ページ数 296p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-80818-5
NCID BB1073174X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想