看護の挑戦 : フロントランナーの仕事に学ぶ

北川隆吉 監修 ; 濱松加寸子, 渥美藤江 編集

戦後看護界を出発点として、看護のフロントランナーたちの生の声を収載。看護の仕事に対する実践的・研究的視点を学び、キャリアアップへ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いのちを支える
  • 2 戦後看護界の出発
  • 3 看護研究、看護教育の先がけ
  • 4 看護の自律と独自性
  • 5 看護と社会のかかわり
  • 6 保健師、助産師の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護の挑戦 : フロントランナーの仕事に学ぶ
著作者等 北川 隆吉
渥美 藤江
濱松 加寸子
石牟礼 道子
書名ヨミ カンゴ ノ チョウセン : フロント ランナー ノ シゴト ニ マナブ
書名別名 Kango no chosen
出版元 桐書房
刊行年月 2012.9
ページ数 287p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87647-805-7
NCID BB10640032
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22153314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「社会の中の看護」をめざして新しい大学教育のパイオニアの道を 井部俊子
プロセスへのケアで心をひらき、「死にゆく人々」の生と死を支える 柏木哲夫
リハビリテーション看護の本質を見据え、看護の基本的理論の樹立に挑む 落合芙美子
リラクセーション技法の活用により、看護学の独自の領域を切り拓く 小板橋喜久代
人間としてよりよく生きることの大事さを水俣病に学ぶ 石牟礼道子
出産の「施設化」「医療化」の進行の中で、助産師の専門性、新しい活動の可能性を探る 加藤尚美
地域の人々の健康を護る活動を展開する保健師教育の新たなシステム構築をめざして 村嶋幸代
心が折れない、へこたれない看護師を、"天井知らずの教育"ではぐくむ 坂本すが
敗戦後の混沌の中、日本の地域社会に即した新しい医療・看護システムを創出 知花みゑ
激動の戦後看護界を出発点として、看護における研究的視点を求めつづける 飯田澄美子
看護に学び、看護の中に閉じこもらず、社会のニーズに関心を持ちつづける 川村佐和子
看護職が自律的に活動できる領域の確立をめざし、医療の世界を変革する 草間朋子
看護診断導入の必要性を提唱し、科学としての看護を系統的に追及する 松木光子
鮮明な医師の「哲学」に基づいて切り拓く地域医療の新しい地平 鎌田實
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想