出産 : 産育習俗の歴史と伝承「男性産婆」

板橋春夫 著

論考「近代出産文化史の中の男性産婆」増補。出産は差別の問題と深く関わる。助産が血のケガレから差別視された時代や地域があった。その歴史も視野に入れて研究していかねばならないと思う。まずは男性産婆の全国的規模の存在確認が緊急の課題である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 出産儀礼(いのちの民俗学-新しい生命過程論の模索
  • 通過儀礼の新視角
  • 出産から学ぶ民俗)
  • 第2部 産育の歴史(いのちと出産の近世-取揚婆、腰抱きの存在と夜詰の慣行
  • トリアゲバアサンから助産師へ)
  • 第3部 伝承・男性産婆(トリアゲジサの伝承
  • 赤子を取り上げた男たち-群馬県における男性産婆の存在形態
  • 民俗研究と男性産婆
  • 男性産婆の伝承
  • 近代出産文化史の中の男性産婆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出産 : 産育習俗の歴史と伝承「男性産婆」
著作者等 板橋 春夫
書名ヨミ シュッサン : サンイク シュウゾク ノ レキシ ト デンショウ ダンセイ サンバ
シリーズ名 いのちの民俗学 1
叢書 1
出版元 社会評論社
刊行年月 2012.9
版表示 増補改訂版.
ページ数 297p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7845-1710-7
NCID BB10504500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22156429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想