ウィーン演劇あるいはブルク劇場

寺尾格 著

オーストリア、ウィーンを代表するブルク劇場。そこには、伝統を引き継ぐメンタリティと革新を目指して闘うアーティストたちがいた。オーストリアの国民性をも表象するブルク劇場とウィーンという都市の現在。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 クラウス・パイマンとブルク劇場(春の巻
  • 夏の巻
  • 秋の巻
  • 冬の巻)
  • 第2部 言語と身体のパフォーマンス(トゥリーニ、イェリネク、シュヴァープ
  • コロスとモノローグ-イェリネク『スポーツ劇』ブルク劇場上演をめぐって
  • 声の身体感覚-イェリネク『動物たち』のホイサーマン演出について
  • 骨と排泄物-ヴェルナー・シュヴァープの「肉」的言語について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィーン演劇あるいはブルク劇場
著作者等 寺尾 格
書名ヨミ ウィーン エンゲキ アルイワ ブルク ゲキジョウ
出版元 論創社
刊行年月 2012.10
ページ数 355p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8460-1176-5
NCID BB10465420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想