脱ニッポン記 : 反照する精神のトポス  上

米田綱路 著

列島を北から南へ。現代社会が忘却の淵に追いやった人間の精神的いとなみと歴史的記憶を、旅先の現場と書物との対話を交えて思索した随想録。「いまだ・ない」図はどうやったらえがけるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 3・11以後の東京で-試されている私たちのヒューマニティ
  • 1 "人間の大地"の記憶(北海道現代史との遭遇-空知地方の産炭地訪問 歌志内と夕張、北海道精神史の証人
  • 札幌、旭川から奄美、サンクトペテルブルクへ-小熊秀雄・昇曙夢・柳瀬正夢に見る同時代の精神
  • 開拓・開発という名の近代化の虚妄-掛川源一郎の戦後北海道、和気シクルシイの生涯、アイヌ共有財産裁判、北海道開発局、拓銀崩壊と雪印解体、苫東開発)
  • 2 闘いと思念の刻印(海嘯に襲われた村々-3・11東日本大震災後の三陸海岸
  • 東北を「見立てる」アヴァンギャルド-村上善男の劇空間、菊畑茂久馬の世界観、松本竣介の「観音芸術」
  • 歴史の現場を伝える聞き書き-野添憲治のノンフィクション群と花岡事件
  • 東北が育んだ思想-木村通夫の「がまん」、簾内敬司の「涙ぐむ目」、白鳥邦夫の「8・15」
  • 闘いのあとの風景-島寛征の三里塚、寄せ場労働者 釜ヶ崎と山谷、川上徹、大窪一志の一九六〇年代論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱ニッポン記 : 反照する精神のトポス
著作者等 米田 綱路
書名ヨミ ダツ ニッポンキ : ハンショウ スル セイシン ノ トポス
巻冊次
出版元 凱風社
刊行年月 2012.9
ページ数 462p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7736-3701-4
NCID BB10552445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想