脱ニッポン記 : 反照する精神のトポス  下

米田綱路 著

列島を北から南へ。現代社会が忘却の淵に追いやった人間の精神的いとなみと歴史的記憶を、旅先の現場と書物との対話を交えて思索した随想録。「いまだ・ない」図はどうやったらえがけるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 3 生と死の現場(京都で出会った忘れがたい人びと-中野武志の小説、北沢恒彦の思想と行動、望田幸男の「比較の歴史学」、米澤有恒の美学
  • 奈良県御所市から見る日本近代-宮崎学の「近代の奈落」、西光万吉と全国水平社、栗須七郎と水平運動史
  • 鬼が跋扈する「闇の国家」紀州と大逆事件-大石誠之助をめぐるさまざまな表現
  • 土地の記憶、土地の記録-奈良県十津川と紀州熊野、岐阜県徳山村、山口県周防大島、石川県金沢の霊域
  • 表現者たちの紙碑-阪神・淡路大震災と原爆、ヒロシマの思想 ほか)
  • 4 沖縄のアイデンティティ(未郷という名の原郷へ-炭坑節と与論島、八重山のおばあと唄にのって
  • 転換期の沖縄-近現代史の諸相とヤマトの"影"、新たな「世がわり」 沖縄サミット・沖縄イニシアティブ、「反復帰」論の核心
  • 辺野古の海へ-普天間基地の代替施設をめぐる攻防)
  • 未来の原風景-3・11原発震災と国策の地平 福島被災地から下北核半島へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱ニッポン記 : 反照する精神のトポス
著作者等 米田 綱路
書名ヨミ ダツ ニッポンキ : ハンショウ スル セイシン ノ トポス
書名別名 Datsu nipponki
巻冊次
出版元 凱風社
刊行年月 2012.9
ページ数 468p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7736-3702-1
NCID BB10552445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22155523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想