絵画と歴史で解き明かす決定版『古事記』の世界

梅田紀代志 画 ; 武光誠 文

『古事記』1300年、ここまでわかった古代人の心と日本の成り立ち。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 創世神話の時代(伊邪那岐命と伊邪那美命の二神が現れ、大八島を生み落とす
  • 伊邪那岐命と結ばれた伊邪那美命、火の神を生んで黄泉国へ ほか)
  • 第2章 国神から天神の時代へ(大国主神、鰐に丸裸にされた稲羽の素兎を助ける
  • 大国主神、八十神の責め苦を受ける ほか)
  • 第3章 英雄伝説の時代(神倭伊波礼毘古命、日向を発して東征の途につく
  • 熊野に上陸した東征軍は、八咫烏の案内で大和へ入る ほか)
  • 第4章 統一国家の成立へ(神功皇后、神意に従って新羅に遠征し、臣従させる
  • 応神天皇、渡来系氏族を受け入れ、大陸の文物や技術を導入する ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵画と歴史で解き明かす決定版『古事記』の世界
著作者等 梅田 紀代志
武光 誠
書名ヨミ カイガ ト レキシ デ トキアカス ケッテイバン コジキ ノ セカイ
書名別名 Kaiga to rekishi de tokiakasu ketteiban kojiki no sekai
シリーズ名 古事記
出版元 小学館
刊行年月 2012.10
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-09-626320-4
NCID BB10473462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22158257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想